ポテンシャルが高めの人が有利

学生や主婦のような労働力を集めることが多いのがアルバイトの求人の特徴であり、経験がなくても現場ですぐに慣れられるようにマニュアルが整備されていたり、仕事の内容に工夫が施されていたりするのが一般的です。

しかし、アルバイトにも経験があることが望まれる場合はよくあります。特に業界による違いで、ほとんどの求人が経験者を対象としてしまっている場合もあることは知っておくと良いでしょう。求人募集の上では明確な記載がなかったとしても未経験ではアルバイトにすら採用されない業界もあります。しかし、それでもなお経験者のみという形で募集を行っていないのはポテンシャル採用枠を考えているからです。経験がなくてもすぐに現場に慣れて、他の人にはできないような事をしてくれそうな潜在能力がある人を求めていることがあります。

そのため、未経験の仕事にチャレンジする時には下準備をしておくことが大切です。いかに自分にポテンシャルがあるかを示すことが重要になるでしょう。下準備の基本はその業界についての知識を付けることであり、業界用語を使って話ができる程度になっておくに越したことはありません。

また、業界の動向について内外から知ることが大切です。情報収集をして動向を理解する際には、その業界で働いたことがある人を探して話を聞いておくのが賢明です。実態を知ると他から得られてくる情報の信憑性も明らかになり、知識に関して自信を持って面接に挑めるようになるでしょう。